「はい、今日から寝たきり生活を送ってください。子宮頸管が短くなってるから。赤ちゃん出てきちゃうからね」

と、いつもユーモアがあってサバサバした物言いをする先生から言い渡されて、しばし呆然としてしまった。

前回の子宮頸管長は4cm以上。その2週後の31w(8ヶ月4週目)での検診では3.2cmになっていると言われた。

待合室で助産師さんに現状の詳しい説明を受けたあと、「トイレ・洗面、食事以外は横になっていてください。シャワーも1週間に1回のみで云々」と自宅安静についての説明を受けて、ぐるぐるするのは「赤ちゃんごめん」「色々どうしよう」「仕事とか」「あ、確定申告…」

なんだか混乱してしまって、待合室で人目もはばからず号泣してしまった。

(あとで調べてみると、まだギリギリ、入院までいかなかったのが幸いで、できるだけ張らないよう安静にしていれば改善することもあるというのを聞いて私はまだマシだったんだなぁと思った。私は投薬と自宅安静で済んだけど、入院になるとエンドレスな張り止めの点滴、臨月になるまで退院できないような事態もあると知って、私は私でがんばろう、と思った。)

 

仕事については、お手伝いしてくれる人に多少の当てはあったものの、もう少し先のつもりだった。

 

でも結論からいくと「代わりはいる」「どうにかなる」「替えが効かないのは腹に子を抱えた自分だけ」

3週間ほど経って、ようやく冷静に、というよりも「なるようにしかならない」ことを受け入れることができたように思う。

 

自分が、ぽわ〜と何も考えずに緩やかに過ごせるひとだったらどんなに良かっただろう。

私はもとから、ぐちぐちと考えを巡らせてしまう人間なので、それはどだい無理な話なのだ。

(以前と比べて頭が全然働かなくなったなぁとは思うけど。特に計算がむり)

そこに妊婦特有のホルモンバランス、情緒不安定が乗っかってきて、まあ余計考えすぎることになる。

普段ならネガティブ思考で色々考えてから、ぴょーんとポジティブに振り切ることができることが多いけど

それができずに延々と悪いことばかり考えてしまったり。

 

来て・参加して・意見して・協力して・登壇して欲しい、

うん、行きたい、協力したい。できるならそうしたい。

でもそういうの、ぜんぶキャンセル。

楽しそう、でも行けない。行かない。

見たら羨ましくなる。だから見ない。

今はタイミングじゃない。

 

・・・そうか、もう、後戻りはできないんだな。というのを嫌という程実感した。

自分だけの判断で動けた世界とはさよならだ。

 

その代わり、新しい自分に生まれ変わる。

今までの自分とのさよならは少し切ないけれど、

その代わりにまた、きっと大きな喜びを手にできる。

喜びを悲しみで表現した、椎名林檎の「ありきたりな女」をyoutubeで聞きながら

まず私ができることは、無事にこの世界にお腹の中のひとを出してあげることだと言い聞かせて体をじっと横たえていた。

 

もう、戻れない。戻らないし、進むのみ。

 

きっとこれからもっと鈍感に、単純になっていく。

世界に対する考え方も感じ方も、変わっていくだろう。

徒歩、自転車、車、電車、新幹線、飛行機

それぞれで見える景色が違うように、

今までの自分を一部捨てながら、

あたらしい家族とともに、また新しい感覚や視点を得ていく。

エイリアンをお腹に抱えた妊婦の今は、

それらが楽しみでしかない。

 

おお、いいかんじに落ち着いた。

 

と、なんとなく新境地に至ったのでした。

 

現在34w(妊娠9ヶ月の3週目)。

33wの健診では安静生活の甲斐あって、子宮頸管も伸びてた(3.2→3.7cmに)。

 

油断禁物、臨月までもう少し。

正産期までさらにもう少し。

 

いつ出てきてもよくなったら、

今度はどうせ「動きなさい」って言われるんだ。

中の人、あとちょっと、一緒にがんばろうね。

 

《参考》安静中にわかったこと

のつづき。

結婚式挙行にあたっての雑感。

049_170121DG-2.jpg

 

もともと結婚式願望がほとんどなかったので、夫婦二人の記念写真くらい撮って終わりにすればいいかなぁって思っていました。そもそもみんなの前でドレスアップして注目浴びるとか、両親への手紙読むとか、死ぬほど恥ずかしい。。。

自分の「かわいさ」とか、スカートを履くこととかを、あまり認めることができない思春期を送ってきたせいもあって、例えば成人式の振袖とか、大学の卒業式の袴とか、記念写真を撮ることも恥ずかしくて「そういう着飾るものにお金かけなくていい」って思って遠慮というか否定というか、かろうじて自分の好きな色や柄をみつけてやり過ごしてきたのでした(親はきっと色々してあげたかったんだと思うけど)

ましてやヒラヒラふわふわボリュームのある

「女の子の憧れ」ウエディングドレスなんて、、、、、、、、、、

白無垢なんて、バッチリ濃い化粧して、赤い口紅なんて。。。。。。。。

きっと似合わない・・・・

それでみんなの前に出るなんて恥ずかしくて仕方ない、、、、、、

 

そしてステージに立ってシンポジウムでコメンテーターやるとか、テレビ・ラジオ出演とか、そういうのはできる(演じられる)くせに、いざ自分が主役でスポットライト浴びるとか、いやいや勘弁してくださいという感じ(めんどくさい性格)

オットも同じような人で、ワイワイする場所は好きなんだけど、いざ自分が主役となると引っ込みたくなる。。。二人とも、メインで盛り上がってるのを脇役で眺めてる方が好きなタイプなんです。

 

が、結論からいくと、やってよかった。

結婚式、やってよかったです。

 

(親族集合写真をメガネフェスめがねで撮影するというシュール企画)

(みんな「真面目に」指示に従ってくれて合成みたいになったw)

413_170121DG-2.jpg

 

両親の顔合わせを行った2016年7月時点では、入籍を9月、親族だけの式とお披露目を翌年3月ごろ、

アウトドアでのカジュアルなお披露目パーティをさらに9月ごろに計画していました。

 

夫婦ともども友人が多いのもあって、声をかけ出したらきっと収集がつかない、、、、

そんなたくさん呼べる豪勢な式を挙げるような資金的余裕もないし、そもそもそんな豪華なのしたくない。。。。式場を使ってザ・結婚式みたいなのは恥ずかしくて(私が)イヤ・・・持ち込みに追加料金かかるとか、いろいろ面倒なことも聞くし・・・(友達の結婚式を見ながら、みんなすごいなぁ、と思ってたんです。)

私はやるならカジュアルで、アットホームな感じにしたい。

出席してくれた一人一人とおしゃべりしたい・・・

 

だから「結婚式」はやるなら親族だけで。小さくやろう。

親族に対して何もせずに「結婚しました」と写真だけ見せるよりは、やはり両家顔を合わせてお披露目の機会がある方が、みんなにも喜んでもらえるだろう、そう思いました。

私たちの結婚によって、どんな人が親戚になったのかわからないのは寂しいし、せめて顔合わせの機会はつくろう、そういう気持ちで結婚式をすることにしました。

 

そんな中で妊娠がわかったのは2016年8月初旬。

予定していた3月って下手すると臨月入ってしまう・・・でも年内だと慌ただしい。

じゃあ妊娠中期ぎりぎりで1月末(旅行業界も閑散期だし)、という選択になりました。

 

1月21日が私の誕生日でかつ大安だったということもあり、そこで日取り候補は決定。

両家に日程を伝えたときは雪の懸念をすごく言われたんだけど(特に福井・・・私側の親から)、というのも実は妊娠してて。。。と伝えると

「え!!!なんやそうなんか!!!うーん・・・そんならしょうがないかー♪身体が第一やもんなー♪(嬉)」とあっさり承諾。

授かった瞬間からいい仕事するお腹の子なのでした。。。

 

そして真っ先に相談したのは、福井地区で唯一、フリーで活動されているウエディングプランナーの大嶋歩さん。福井に帰ってきてからできた友人の1人です。

当初、小さく親族だけの式とお披露目=レストランウエディングかな?と考えていて、そのつもりで相談したところ・・・「料亭旅館を貸し切って、泊まり込みでの式はどう?山中温泉だけど・・・」とのご提案。

 

ご紹介いただいたのは胡蝶さん。

由緒正しい山中温泉の料亭旅館、だけど堅苦しくなくてスタッフの皆さんもとてもフレンドリーとのこと

(打ち合わせ中や当日に、実感しました!)

 

遠方からのゲストが多いこと(オットは移住者ということもあり、親族が全国に散らばっている)や、2次会のお店を決めたりする必要がないこと(呑みたかったら各々部屋で呑める)、何より料理が美味しくて、温泉付き!それをゲストに楽しんでもらえること。泊まれるので帰る時間を気にせずにゆっくりできること。色々オプションで追加料金がかかってくるような他の会場と比べて、トータルでみれば費用面でも悪くないこと。

 

それらを考えてこちらの旅館で式を挙げることに決めたのでした。

 

当日は人前式形式で。

リングガールを、二人の可愛い女子たちにつとめてもらいました

327_170121DG.jpg

誓いのことば

355_170121DG.jpg

椿の葉っぱに寄せ書きしてもらったやつに

自分たちのも貼り付けて

387_170121DG.jpg

出来上がり

396_170121DG.jpg

 

披露宴入場は恋ダンスをおどり。

※2人ともドラマ放映中に既にダンスはマスターしていたので

やるかやらないか決めるだけでした・・・

444_170121DG.jpg

 

GOOD MORNING三田村さんに乾杯のご挨拶をお願いしたら

480_170121DG.jpg

巨大なメッセージボードをプレゼントされて感涙

488_170121DG.jpg

よく、映像のやつは見るけど、A0サイズのプリントアウト!

すごいwさすがデザイン事務所やw

いっぱいいすぎて圧巻。

(まだ一人一人にお礼言えてないけど、)

みなさんお忙しいなか本当にありがとうございました。

626_170121DG.jpg

 

ケーキカット(切るのが勿体なさすぎた)

673_170121DG.jpg

 

このほかにも、夫の親族が突然アドリブで恋ダンスを踊り出したり

(義妹ちゃんがダンスの先生だからキレキレすぎてやばかったw)

お互いの親族紹介で父親同士が茶々を入れ合うという光景を見たり

 

いろいろ心配事もあったけど、なんか結局楽しい式になりました。

 

やー、やってよかった結婚式。

098_170121DG.jpg

 

ちなみにおなかの子は4月末には出てくる予定。

楽しみに待ってるよ♡

115_170121DG-2.jpg

 

振り返り、おしまい。

 

自分の31歳の誕生日(1月21日)に結婚式をしました。

 

場所は山中温泉の料亭旅館、胡蝶さんにて。

033_170121DG.jpg

前日が雪嵐でどうなることかと心配しましたが、

当日は雪もなく、時折晴れ間が見えるほどのお天気になりました。

 

式を挙げるにあたって、

いろいろと、本当にいろいろと知人友人を頼りにさせてもらいました。

夫と、何度も、「ご縁に恵まれて幸せだねぇ」と言い合う準備期間でした。

少しご紹介させていただきます。

 

ドレス:cherry forest のチェリーちゃん。同い年の手芸作家さん。

103_170121DG-2.jpg

101_170121DG.jpg

正面から。カシュクールになってます。

127_170121DG.jpg

ナチュラルで、妊婦でも大丈夫なドレスと、

好みにドンピシャなヘッドドレスを作ってくれました。

これから式を挙げられる方、ナチュラル系ならめっちゃおすすめです。

福井でオーダー頼めるのってそんなに知らないのもあるし、

ヒラヒラふわふわなのが苦手なわたしにとってはベストな選択でした。

 

ケーキ:NUAGEの出蔵さんたち。<colocalの出水建大さんの記事>

ケーキカット用の大きいケーキと(サミーズの「おうち」と夫の「めがね」)

(土台も屋根も雲もクリームもめっちゃ美味しかった…(幸))

666_170121DG.jpg

ゲスト用の小さいケーキ(イチゴとマスカルポーネの大福!最高すぎた!)

820_170121DG.jpg

 

ウエディングプランナー:a.n.d.weddingの大嶋歩さん(&司会、音声さん)

写真: Dot.Graph(ドットグラフ)のマエタツ兄さんとゆうこさん(撮影中)

950_170121DG.jpg

 

引き出物:漆琳堂のうつわとやつどきのカナコさんのお菓子詰め合わせ。

(器の方の写真を撮り忘れた〜。涙)

カナコさんのラッピングかわいすぎる・・・

 

ヘアメイクはSAMMIE’Sのご近所、

夫婦でお世話になっている美容室toricoの斉藤のりこさん。

009_170121DG.jpg

テンション高い楽しい支度部屋(出陣前の武将気取り)

 

お花は和草(にこぐさ)のえみちゃん(大嶋さん経由で!)

ブーケ・ブートニア

008_170121DG.jpg

ゲストテーブル

017_170121DG.jpg

高砂

428_170121DG.jpg

小花中心にしてもらってよかった◎

 

リングケース:鯖江市河和田の木工職人、ヤマト工芸のみつきくん

146_170121DG.jpg

つるんと丸いフォルム。めっちゃ気に入ってる。

こうやってみると笑ってるみたいに見える

土偶にもみえる・・・w

148_170121DG.jpg

ちなみにリングは、夏に神戸(夫の地元近く)のお店で手作りです。

神戸ゆびわ物語

マットにしたくて、最後に表面をヤスリで削ってます。

 

めがねフェスメガネ:デザイン事務所GOOD MORNING

私たちが出会うきっかけになったデザイナーのご夫婦と

かわいいかわいいムスメちゃんたち。

725_170121DG.jpg

 

乾杯ドリンク:福井市の酒蔵、田嶋酒造・福千歳のPURE RICE WINE

437_170121DG.jpg

このパッケージをGOOD MORNINGさんでデザインされてたこと、

私たちも味わったことがあり、飲みやすいこと、などなどで選びました。

これ、親族にもすごい好評でした。

今回お願いしたことで、

田嶋酒造の跡継ぎ息子くんが高校の後輩だったことが判明し

新たなご縁も生まれました。

 

ウエルカムボードやペーパーアイテムはDIY。

(切り絵した・・・大変だった・・・)

199_170121DG.jpg

消しゴムハンコで招待状

(ケーキはこれをもとに作ってもらいました!)

アルバムも自作

424_170121DG.jpg

425_170121DG.jpg

 

とにかく、楽しい楽しい結婚式になりました。

料理がすんごく美味しかった。。。。(写真は前菜)

433_170121DG.jpg

お献立。すごいボリュームだったけど、美味しいからほぼ全部入った!

(帰ってからの妊婦検診で体重増加注意された・・・)

015_170121DG.jpg

お腹いっぱい食べて、みんなの笑顔が見れて、温泉入ってそのまま寝て、

朝も温泉入って美味しい朝ごはん食べて、みんなを見送って。。。

少人数の結婚式なら、温泉旅館の貸切、かなりおすすめです。

 

に続く。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • 勝手口を壁とステンドグラスにDIY@セルフビルド
    sakiko
  • 勝手口を壁とステンドグラスにDIY@セルフビルド
    ハヤブサ
  • 勝手口を壁とステンドグラスにDIY@セルフビルド
    sakiko
  • 勝手口を壁とステンドグラスにDIY@セルフビルド
    sakiko
  • 勝手口を壁とステンドグラスにDIY@セルフビルド
    723
  • 勝手口を壁とステンドグラスにDIY@セルフビルド
    あき
  • 福井市のゲストハウス。
    chiharu
  • 福井市のゲストハウス。
    sakiko
  • 福井市のゲストハウス。
    sachiko
  • 自分が住む部屋をリノベしたよ
    sakiko

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM